ラスキット ハイオッセン メイン画像

Taper-KITとは

テーパード形状のインプラント「 ETⅢ Implant System 」専用のSurgical KIT


テーパードフィクスチャー形状に合わせたドリルで構成されており、
また、上段にサイズごとのドリリングガイドラインを表記しており、ラインに沿ってドリリングすれば簡単に手術が可能になります。
骨質別に手術が容易にできるドリルの強度に優れた材料を用いており切削力と耐久性に優れたKITです。

ラスキット ハイオッセン 製品写真

TOOL

① Guide Drill ( Lance Drill )

・イニシャルドリリングとして骨に起始点を形成する為に使用
・ドリリングを通して骨密度を測定
・構成:ロングのみ
・code : AGDLC( ロング )

② SideCut Drill

・φ2.2ツイストドリルでドリリング後、方向の修正時に使用
・修正したい方向に傾けながらドリリング
・構成 : φ2.0とφ3.0ロングのみ(SS Regular・Wideき共通で使用可能)
 ※方向が不確定では垂直的にドリリングしてしまう為、注意が必要

③ Drill Extension

・ドリル及びその他ハンドピース用ツールの長さを延長
・内部にO-ringが付いてるため挿むのに便利
・ドリルシャンク部(柄)とのエクステンションの平坦面と連結する
 ※連結時に過度な力がかからないようにする事

④ φ2.2 Twist Drill

・フィクスチャーの長さ別に5本で構成されている
・ドリルの長さはフィクスチャーの長さと同じ長さを使用

⑤ φ3.0 Twist Drill

・11.5mmドリルは、ストッパーが付与されている
・15mmドリルは、ノンスットパードリル

⑥ ⑦ ⑧ ⑨ Taper Drill

・フィクスチャーの直径及び長さ別に20本で構成されている
・シャンク部のカラーコーティングはフィクスチャー直径を表示
・カラー : φ3.5(黄) φ4.0(緑)φ4.5(青)φ5.0(赤)

⑩ Taper Cortical Drill

・テーパードリル使用後に、骨状態がハードボーンの場合に使用
・フィクスチャー径別に専用ドリル構成
・下段のマーキングラインは8.5mm以下のフィクスチャーを埋入する際に使用
・上段のマーキングラインは10mmいかのフィクスチャーを埋入する際に使用

⑪ Parallel Pin

・骨のプレパレーションの方向と位置確認する際に使用
・アバットメントの直径カラー予測可能
・φ2.2ツイストドリルドリリング後に小径測を挿入して確認
・φ3.0ツイストドリルドリリング後に大径測を挿入して確認
・φ4.0とφ5.0の各2本構成

⑫ Hand Driver

・手動用ドライバーでS (ショート) / L (ロング)の2本構成
・マウント、カバースクリュー、アバットメント等の着脱に使用
・チップホールディング機能があり、スクリュー移動に便利
*フィクスチャーの埋入には使用しない事

⑬ Torque Driver

・トルクレンチ用ドライバーであり、S (ショート) / L (ロング)の2本構成
・マウント、カバースクリュー、アバットメント等の着脱に使用
・チップホールディング機能なし
・最大トルク35Ncmまで有効

⑭ Simple Mount Driver

・トルクレンチ用ドライバーでフィクスチャー埋入時に使用
・埋入の際に、シンプルマウントに連結して使用
・構成:S (ショート) / L (ロング)各1本ずつ

⑮ Simple Mount Extension

・コントラ用ドライバーであり、フィクスチャー埋入時に使用
・アンプルケースから口腔内へのフィクスチャーの移動及び埋入に使用
・構成:S (ショート) / L (ロング)各1本ずつ

⑯ ET NoMount Driver

・ノーマウントフィクスチャー(マウントなし) : 埋入時にアンプルケースから口腔内への移動及び埋入に使用
・シンプルマウントフィクスチャー(マウントあり) : 埋入時にマウントを外した後でフィクスチャーの深度調整する際に使用
・構成 : ロングのみ(Mini用 : イエロー、Regular用 : グリーン)

⑰ ET Fixture Driver ( Mount Driver )

・埋入時にマウントを外した後でフィクスチャーの深度調整に使用
・フィクスチャー内部と等しい形状で高いトルク値をかけてもフィクスチャー内部は変形しない
・フィクスチャーの埋入及びマウント分離後の抜去に使用
・構成 : ロングのみ( ET Mini用、ET Regular用 各1本ずつ )

⑱ Removal Tool

・フィクスチャー埋入時、フィクスチャーマウントが噛み込み、外れなくなった場合に使用
・フィクスチャーマウントへ止まるまで回して挿入する
・ミニ用、レギュラー用の2本構成

⑲ Torque Extension

・トルクレンチ用ツールの長さを延長

(20) Torque Wrench

・インプラント埋入後、より精密に埋入深度を調整するために使用
・アバットメントスクリューの着脱に使用
・10〜40Ncmの測定可能

(21) Depth Gauge

・右 : ドリルの長さ又はドリルで形成したホールの深さを測る際に使用(7〜15mm)
・左 : 骨質が弱い場合、シンプルマウント分離時にフィクスチャー回転防止のためにシンプルマウント部を固定させる
・30°ネックアングルで口腔内挿入時に便利

(22) KIT Steel Bowl

・施術時に使用するボウルです

(23) ET Tissue Height Guage

・アバットメントのG / Hを選択するための歯肉の高さを計測するために使用
・Mは Mini 専用、Sは Regular 専用

販売名 【テーパーキット】医療機器届出番号 : 40B1X10003GE0017
一般的名称【歯科用インプラント手術器具】